ご利用料金

ご利用料金は全て前払制となっております。
面会交流支援の料金表
※表をクリックすると拡大します。

*料金は全て消費税が加算されます(交通費、飲食代、施設利用料を除く)。
*DVや虐待など、家族間に問題や葛藤が大きい場合は、臨床心理士や社会福祉士のカウンセリングを受けることができます。その場合、別途費用がかかります。

<お振込口座>
◎ ゆうちょ銀行からの振込の場合
【記号】10510
【番号】72265691
【口座名】シャ)ビジット・リコントコドモモンダイシエンセンター

◎ 他銀行から振込みの場合
【店名】 0五八(ゼロゴハチ店)
【店番 】058
【預金種目】普通 預金
【口座番号】7226569
※支払い手数料が発生する場合は、利用者さま負担にて宜しくお願い致します。

キャンセル料について

子どもの体調などで、支援をキャンセルされる場合は、前日までにお知らせください。
やむを得ず当日キャンセルされた場合は、下記キャンセル料が発生します。
面会交流支援のキャンセル料
※表をクリックすると拡大します。

ご利用案内

■面会交流の回数について
日時・回数についての制限はありません。
支援スタッフの人数や移動方法を考慮の上、面会日程を調整します。
■面会交流支援受理面談
面会交流を支援するため、同居親・別居親それぞれ別々に受理面談を受ける必要があります。
面会交流のスムーズな実現に向けて、これまでの経緯や子どもの状況、合意内容などをお聞きします。
弁護士の同席は可能です。

■オリエンテーション
びじっとの利用にあたり、びじっとにできること・できないことや、びじっとの利用ルールを確認します。
実際に支援を行うスタッフが、顔合わせの意味を兼ねて行います。
びじっとの利用に不安などございましたら、ここでおたずねください。

■試行的面会交流支援(5回)
試行的面会交流支援は、1回ごとの口頭合意があれば、書面の合意書等がなくとも支援を行えます。
条件調整中(調停中)などの方も、試行的面会交流支援を利用できます。
また、試行的面会交流支援は、付添い型・受渡し型・連絡調整型のいずれも可能です。
試行的面会交流支援は、初回面会時より1年以内、上限5回までです。

面会交流を始めた当初は、子どもの情緒が不安定になることもあります。
保育園や幼稚園も、最初慣らし保育を行うように、試行的面会交流を重ねていくうちに、子ども自身が面会交流に慣れ、大多数は4~5回程度で落ち着いていきます。

5回の試行的面会交流支援の間に、本契約を結ぶかどうかをお決めください。
本契約を結ぶ場合は、下記書類①及び②の内容をご確認の上、③をダウンロードして、必要事項を記入後、びじっと事務所にご郵送ください。
①びじっと利用規約
http://www.npo-visit.net/pdf/regulation.pdf
②面会交流支援利用ルール
http://www.npo-visit.net/pdf/riyo_rule.pdf
③面会交流支援兼一般会員入会申込書
http://www.npo-visit.net/pdf/moushikomisho.pdf

■本契約
本契約で面会交流支援を受けるには、面会交流の方法、回数などについて、同居親・別居親双方の合意が必要です。

本契約でのご利用は、びじっとの一般会員になる必要があります。
(年会費3000円税別、毎年7月、初年度は月割計算)

面会交流支援の種類

■連絡調整型面会交流支援
面会交流の日時・場所・時間の連絡の調整、仲介をいたします。
LINEでの連絡となります。

■受渡し型面会交流支援
スタッフがお子さんを同居親から預かり、別居親に受け渡します。同居親と別居親が直接顔を合わせることのないように、時間の設定を行います。
復路は、その逆になります。
スタッフとお子さんのみでの移動はできません。
連絡調整も行います。

<交通費、飲食代について>
支援料金のほか、下記をご負担ください。
面会時間が3時間未満・・・交通費1往復分(2000円)
             待機時間の飲食代(1回1000円)
面会時間が3時間以上・・・交通費2往復分(4000円)

■付添い型面会交流支援
面会交流にスタッフが付き添い、親子の絆を結ぶサポートをいたします。
付添いスタッフは1~2名体制となります。
本契約の場合、3時間未満の支援であっても料金は3時間分が発生します。
連絡調整も行います。

<交通費、実費について>
  支援料金のほか、下記をご負担ください。
  交通費・・・1人1往復2000円
面会支援中に、移動、飲食、施設への入館等実費が発生した場合、別居親がその場でスタッフの料金を含めお支払ください。

<ひだまり利用時の料金>
  利用者とお子様それぞれ、1ドリンク1フードをご注文ください。
  スタッフのドリンク、フードもご負担ください。

※ひだまりでは、びじっとへのお問い合わせにはお答えできません。
※びじっとへのご連絡・お問い合わせはびじっと事務局までお願いします。



■間接的面会交流支援
別居親が海外や遠方に住んでいる場合など、Skypeのテレビ電話を利用しての面会交流を支援いたします。
支援内容と料金は付添い型と同じになります。

料金は全て消費税が加算されます(飲食代、交通費、実費は除く)。
その他の料金につきましては、事務局にお問い合わせください。

更新日:平成30年12月14日


面会交流支援の流れ
※クリックすると図が拡大します。